測定原理


 測定原理は吸光度または化学物質の光学濃度測定で構成される定量法による「吸光光度法」です。すべての化学物質化合物は、光の吸収・蛍光または反射など特有の波長を有しており、より多く対象物が存在している場合、ランバートベールの法則に従い、より多く光の吸収が得られることを応用しました。手のひらをスキャンする際、微弱なUV-Aと赤色光が1秒間に200回程度照射され、各往復で体内ミネラル情報読み取ります。そのデータは即時に開発元のルクセンブルクのデータベースへ送信・解析処理されてレポートとなって手元のパソコンに届きます。

 

すでにこの吸光光度法は、化学、薬学、環境、食品加工業、生物学などの幅広い分野で使用されており、臨床検査分野でも、血液や組織の臨床診断に使用されています。特殊なスキャニング技術と膨大なデータベースによって整合性が高く、非常に短時間で測定でき、早くもキレーション治療を行うクリニックなどで導入が進んでいます。

 

 OligoScanによる組織中微量元素測定に用いられる方法は「吸光光度法」です。

吸光光度法とは、吸光度または化学物質の光学濃度測定で構成される定量法による測定です。すべての化学物質化合物は、光の吸収・蛍光または反射など特有の 波長を有しており、より多く対象物が存在している場合、ランバートベールの法則に従い、より多く光の吸収が得られます。吸光光度法は、 化学、薬学、環境、食品加工業、生物学、医療/臨床、材料、化学工学など幅広い分野で用いられています。臨床検査分野においても、血液や組織の臨床診断に 使用されています。

 OligoScanは新しく開発された特殊なスキャニング技術と膨大なデータベースによって、吸光光度法により短時間での測定を実現しました。